OSレポート
[提供:関西電力]

長期安定経営を実現するオール電化の住宅設備!入居者にも還元

  • 住宅設備
  • 住宅設備

入居者に長く安全・安心して暮らしてもらうこと、建物の資産価値を維持することは、長期安定経営の上で欠かせない。その対策として、関西電力株式会社が提案する「オール電化賃貸」がいかに有効かを紹介しよう。

安全・安心な賃貸経営のために「オール電化」という賢い選択

「オール電化賃貸」は、入居者が長く住み続けたくなるメリットが大きく、オーナーにとっても長期安定経営が可能に!

物件DATA
  • 所在地:大阪市城東区
  • 竣 工:2018年11月
  • 間取り:2階建て4戸(1LDK・2LDK)
  • 設 備:太陽光発電(2.82kW×4)、非常用コンセント、エコキュート、IHクッキングヒーターなど
  • 施 工:セキスイハイム近畿
オーナーインタビュー
オーナー Hさん

自宅も太陽光+オール電化で、良さを実感。「だからオール電化賃貸を選びました」

IHは火力が強くてお手入れが楽ですし、エコキュートは追い焚き機能もあって便利です。地震時には、ライフラインの中で電気の復旧が一番早かったので、入居者に安心してもらえると思い、オール電化を選びました。


光熱費を抑え、災害時も安心 入居者メリットが豊富

関西電力がすすめる「オール電化賃貸」は、入居者・オーナー双方の付加価値の高さが魅力だ。

例えば、上記で紹介しているHさんのオール電化の賃貸住宅。親の代から引き継いで、全4戸中3戸が空室かつ築80年以上と古くなっていたこともあり、セキスイハイム近畿(株)からの提案で建て替えを決めた。Hさんは自宅を太陽光発電搭載のオール電化にリフォームしており、メリットを実感していたことから、入居者にもその良さを体験してほしいと賃貸住宅の新築時もオール電化を希望したという。太陽光発電+IHクッキングヒーター、エコキュートを備え、防犯設備も充実させた。1LDK・2LDKで家賃は7万円台〜10万円程度と、エリア相場よりも少し高めの設定であったが、引き渡し時には若い夫婦を中心に全4戸とも入居者が決まっていた。

太陽光発電による電力は、すべて入居者が使用でき、余剰電力の売電分も入居者へ還元される「入居者還元型」。入居者にとって毎月の光熱費を抑えられるなどメリットが大きい。この方式にしたことで、入居者募集時には周辺物件と差別化でき、入居後は満足度高まり長期入居へもつながりやすい。この物件を大切に管理して、息子さんに引き継いでいきたいと考えているHさんは「また建てるとしても、もちろんオール電化賃貸にします!」と満足している。

また、オール電化は万が一の災害時にも心強い存在となる。大阪北部地震の際には、ガスの復旧まで1週間要したのに対し、電気は約3時間と比較的迅速に復旧した。

加えて、エコキュートの貯湯タンクに蓄えてあるお湯(水)も生活用水として利用可能。さらに、太陽光発電を搭載していれば、非常用コンセントを居室に設置することで多少の電力供給も可能になり、スマホ充電などに活用できる。

オール電化のメリット

建物の劣化を防ぎ、資産価値の維持に有効

火を使わないIHは火災リスクを低減。燃焼に伴う水蒸気の発生がないため、結露やカビの発生も抑えられる。また、油が飛び散りにくく、換気扇や壁の汚れも防げる。

災害時にもエコキュートが活躍 非常用の生活用水として利用可能

エコキュートの貯水タンクのお湯(水)は、万一の災害時に断水されても、炊事や洗面等の生活用水として利用できるため、入居者にとっても心強い(一部取水栓がついていない機種あり)。

過去の大規模地震においても電気は迅速な復旧実績あり

電気・ガス・水道といったライフラインの中で、電気は復旧が一番早かったため、いざという時にも安心。大阪北部地震の際には、わずか3時間で復旧が実現した

オール電化+太陽光発電で入居者メリットを増やして差別化

Hさんの物件では、太陽光発電による電力はすべて入居者に還元する方法を取っているが、一括してオーナーへ入る方法も選択できる。

資産価値を維持して安定経営導入コストを抑えるリースも

オール電化賃貸は、建物を傷めにくく資産価値の維持につながることも大きなポイントだ。

「IHでしたら火を使わないので、火災になる可能性を抑えられます。また、結露やカビの発生を防ぎ、壁や換気扇などを汚す心配も少ないので、大切な資産である建物の寿命を長く保てます」と関西電力の石川さん。

一方、気になるのは初期コスト。

「エコキュートの累計出荷台数は600万台を突破し(※)、導入コストは下がってきています。国が普及を推進しているので、今後はさらに抑えられると思います」

初期投資を抑える方法の一つとして、グループ会社によるオール電化機器のリースサービスも提供。

「リースでしたら初期費用をかけずに導入することが可能です。リース料は経費計上ができますので、新築はもちろん、リフォームの際にもぜひご検討ください」

「今、どんな賃貸住宅なら、入居者ニーズに応えられ安定経営が望めるのか?」新しい賃貸住宅建築や既物件の空室対策にお悩みの方は、ぜひ一度、相談してみよう。

関西電力株式会社 営業本部

リビング営業部門 リビング営業グループ

石川 洋輔さん


※この記事内のデータ、数値などに関する情報は2019年4月9日時点のものです。

取材・文/アトリエあふろ(合屋 順久) 人物・外観撮影/水野 浩志 写真提供/(一社)家庭電気文化会

資料請求をするとこんな資料がもらえます

「オール電化」の賃貸マンション経営のはじめ方がわかるパンフレットをお送りいたします。


スムスム君

記事をシェアしてみよう!