満室経営のコツは「コンセプトの明確化」地域活性化を目指す大家さん

  • 建てる/融資
  • 資産活用/売買
  • アパート
  • その他の不動産活用

結婚を機に培った賃貸経営の経験と、磨かれたセンスを生かし、入居者から喜ばれる物件づくりに励む柏元さん。デザイナーズ賃貸の建築時にもコンペを行い、建具はすべてオーダーメイドの一点ものにするなど、こだわりが随所に光る。さらに、エリアの価値向上を目指したプロジェクトの取り組みなどにも挑戦している。

大阪府 柏原市 柏元 真理子(かしもと まりこ)さん

さっそうと自転車を走らせ、ていねいに各物件への管理に回る。入居者とコミュニケーションする姿はすがすがしく、輝いている。「がんばる家主の会」会員


子育てと両立させて賃貸経営。苦労を糧に輝く女性家主に

大阪都心からわずか20キロメートルと近い距離にありながらブドウ畑や緑の山々、大和川の流れなど自然環境に恵まれた大阪府柏原市。ここで柏元さんはご主人と不動産賃貸業を営んでいる。

ご主人の実家が江戸時代から小作地を所有する地主で戦後は貸宅地を経営していたことから、柏元さんはご主人に代わって義父母の賃貸管理を手伝うようになった。それが「がんばる家主の会」(会員450名)でも注目される女性賃貸オーナーとなった出発点だ。

昭和50年代から義父母が相続対策でマンション経営を開始。そして一部の貸宅地(底地)を借地人に売却し、事業用資産の買い替えで住宅開発が活発だった滋賀県栗東町と京都市でマンションやアパート(計9棟・430戸)を取得された。それらは12年前に専業大家となったご主人が管理を担当されている。

柏元さんが管理する物件は、地元柏原市内のマンション・アパート計4物件(6棟・50戸)と一戸建て(5戸)、貸宅地、その他に計画進行中の物件も多数。

「当たり前のことを当たり前にやっているだけです。古い物件の改装やリノベーションは、物件のコンセプトを考え、時代に合ったクロスや床材・設備を選んでいます。新築や建て替え物件は、建築家や設計事務所などに物件のコンセプトを伝え、プランニングやデザインをオーダーします」と柏元さんは語る。

ファミリー向けデザイナーズ賃貸メゾネット「キルシュガルテン」

2016年に竣工した木造2階建てのファミリー向けデザイナーズ賃貸メゾネット「キルシュガルテン」(全3戸)ではハウスメーカーや建築事務所など合計4社による提案コンペを行った。

真っ白い外壁とスタイリッシュなファサードが印象的

「キルシュガルテン」物件概要

所在地:大阪府柏原市
竣工:平成28年
構造:木造2階建て
建築面積:約100坪
延べ床面積:約220㎡(73.13㎡×3戸)
間取り:3LDK

コンペにあたって柏元さんが提示した条件は、

1)ファミリー向け
2)2~3LDK
3)3戸以上
4)1戸につき1台の駐車場の確保
5)長屋建て
6)利回り7%以上

であること。各社から出された4案はそれぞれに工夫があったが、工事費や駐車場の大きさ、駐輪位置などを検討した結果、設計事務所からの案を採用した。

「駐車場がゆったり確保されていることと、間取りも気に入りました。2階にルーフテラスを設けたり、居室が隣戸の居室と直接接することのないように、隣戸との間に階段を配置することで音の問題を解決し、プライバシーにも配慮されていたのです。ファミリー向け物件なので、子育て中のご家族も暮らしやすいと思います。また、利回りが期待以上だったことにも満足しています」

その後、キルシュガルテンは間取りや設備が好評を呼び、満室経営を続けているという。

広くゆとりを感じるリビング。床はクッションフロア仕上げ。窓はペアガラス

アイランド型のオーダーキッチンは入居者からも好評だそう

階段上には光が差し込む天窓があり、階段下は収納スペースに

光が差し込むルーフバルコニー

柏原市を活性化する取り組みに行政も注目

商店街の一角で進行中の、店舗棟と共用ガーデンからなる複合施設建設プロジェクト。

作成されたエリア紹介の冊子

計画中の案件では、新しい取り組みにもチャレンジしている柏元さん。なかでも「大正通りポケットプロジェクト」は、賑わいを失いつつある駅前商店街に建っていた歯科医院と院長宅を一部取り壊し、一部リノベーションして、コミュニティスペースとなる共用ガーデンも備えた複合商業施設を創るプロジェクトだ。

「市の中心地区なので、店舗を作って、人々が集い賑わいや活気のあるエリアに再生させたい。この場所が、その核になればいいなと思ったのです」

計画立案から設計施工、完成後の運営までリノベーション事業のプロがトータルにサポートする。完成は2018年春の予定だが、竣工前から事業を盛り上げるべく、プロジェクトに共感する柏原市内の魅力的な店舗を取り上げた冊子を制作。すると柏原市役所もこの冊子を広報誌で紹介し、街の活性化に期待を寄せている。

賃貸経営を通じて、街の活性化に取り組む柏元さん。その挑戦はまだまだ続く。

※この記事内のデータ、数値などに関しては2017年10月10日時点の情報です。

取材・文/皆元 初香 人物・外観撮影/水野 浩志

スムスム君

記事をシェアしてみよう!