読者さんのお便りで綴る大家さんの日常

  • 管理、空室対策

読者の皆さまのお便りでつくるページです。入居者さんとの出来事や、業者さんとのやりとりなどオーナーさんの日常をお伝えします。

人と人とのつながり。入居者さんとの付き合い方

●新しく喫茶店を開業したところ、以前私の物件に住んでいた方から連絡があり、今度遊びに来てくれるとのこと。大家・入居者ではないつながりが続くことにありがたさを感じます。お互いに年を取っても良いお付き合いをしたいとしみじみ思いました。(東京都 Iさん)

●ワンルームマンションを経営しています。入居者の方々が年を重ね、入居時は若くて元気だったのに、病気やけがで入院されたり、働けなくなったりすることが増えました。オーナーといえど、家族の代わりに通院の付き添いをしたり、福祉サービスの手配をする身内がいない方のお手伝いをしたりと、サポートしています。(神奈川県 Tさん)

●毎年入居者の皆さんに新米とクリスマスカードを贈っていました。退去の際、住み心地のアンケートをしたところ、「転勤がなければ住み続けていた。ありがとう」と言っていただきました。改めて、アパート経営をやって良かったです。(千葉県 Sさん)

実際にあった賃貸トラブル

●DIY可・フリーレント3カ月で入居者を決めました。しかし、期間が過ぎてもずっと家賃を滞納していたので、退去要請をすると、ほとんどの荷物を置いたまま引っ越してしまいました。荷物の処分には費用がかかるので、手つかずの状態が続いています。フリーレント目的で、当初から家賃を支払うつもりが無かったようです。今は、出来るだけ保証会社を通すようにしています。(栃木県 Iさん)

●ペット不可にも関わらず複数の猫を飼育していたことに加え、家賃滞納が続いた方を強制退去させました。その後、150万もかかったハウスクリーニングの費用は何とか支払ってもらうことができましたが、とても後味が悪かったです。(東京都 Aさん)

●入居を急ぐ申し込みは断った方がいいです。単身物件にもかかわらず初日から同居人がいて、トラブルになっています。(東京都 Sさん)

●滞納者の立ち退き強制執行がありました。滞納分の賃料は保証会社でカバーできますが、原状回復で敷金を超過する分が持ち出しになり、悲しいです。(神奈川県 Kさん)

●警備会社やWi‐Fiを導入していますが、サブリース会社がインターネット広告に掲載していなかったため、空室期間が長くなり、更新時に家賃の減額請求がありました。納得できませんでしたが、契約更新拒否されるのが怖くて、結局折れてしまいました。強く言えないのが悩みです。(神奈川県 Oさん)

●入居者が自殺してしまい、室内ですぐに発見されました。管理会社に聞くとよくある話のようで、ベテラン大家さんも多数経験されているようです。私も経営や収支の面では問題ありませんが、残された親御さんの事を考えると大変残念で、心が痛みます。(神奈川県 Yさん)

オーナー業の苦労とやりがい

●静かな住宅地の入口付近に、長年の夢であったワンルームマンションが完成し、1カ月で満室になりました。自主管理なので、マンション周辺をプランターの花で飾って雰囲気を良くするなどして、喜ばれています。(神奈川県 Fさん)

●原状回復工事の会社を設立しました。引っ越しシーズンはとても忙しいですが、大変やりがいがあります。自身の物件に新規入居があるときも迅速に対応が出来ています。(神奈川県 Aさん)

●私にとって、「オーナーズ・スタイル」がアパート経営のテキスト、そしてフェスタが商談・勉強の場です。毎回その帰路で都内などの所有物件のチェックをするようにしています。(群馬県 Nさん)

●昨年初めて物件を購入し、今年初めての確定申告を経験しました。これからも一つずつ知識をつけて、不動産投資を成功させたいと思います。(東京都 Hさん)

●築43年のアパートの対策が未定です。リノベーションか、建て替えか。いずれにせよ元が取れるのかが問題です。(東京都 Oさん)

●新たな投資先を探していますが、不動産会社目線の提案ではなかなか良い資料が集まりません。自ら多方面にアンテナを立てていますが、苦戦中です。(東京都 Kさん)

●築20年以上経つ10世帯のアパートを所有しています。先日思い切って外壁を塗りなおして、新築のような見た目になりました。第一印象も大切だと思いますし、コストをかけただけのことはあったと満足しています。心なしか入居の問い合わせが増えたような気がします。(神奈川県 Tさん)

●先日ご入居いただいた方は、私の物件をインターネットなどで知って、以前から気になっていたそうです。こんなことは初めてだったので、管理会社の担当者と一緒にとても喜びました。(東京都 Kさん)

●「浅くても良いので、広い知識を身に付ける」これは私の憧れるオーナーさんの言葉です。地域・法律・お金など日々アンテナを張っておりますが、大変です。日々成長できるよう努めねば!(東京都 Kさん)

●今年は空室が早めに埋まりホッと一息、と思った矢先に、また退去の知らせが来ました。近隣にワンルームが急増しているので、無料インターネットと宅配BOXを導入し、賃料設定も抑えめにしています。(神奈川県 Kさん)

●オーナーズ・スタイルのイベントでのセミナー受講をきっかけに、2カ月空室だった物件をホームステージングで変身させました。各部屋にレース・紺のカーテン、トイレにお花、キッチンに観葉植物を設置して内見に臨み、これから結婚するカップルに即決していただけました。セミナーで刺激を受けて、すぐ実行したのがよかったです。(神奈川県 Hさん)

●本当なら火災保険の保険金が下りる修繕だったのに、それを知らずに自己資金で支払ってしまいました。今後に活かします。(東京都 Iさん)

●賃貸併用住宅を建て、2階の2部屋を貸し、1階に住んでいます。冬になり、2階の音が響くようになりました。2×4住宅でも、断熱材だけでなく遮音シートをしっかり壁の中に入れた方が良いと思います。(東京都 Aさん)

●現在、生活保護を受給している方が5人入居しています。更新料はもらえないものと考えていましたが、入居者から大家さんが市役所に請求すれば振り込まれると教えてもらい、すぐに申請したところ、市役所から連絡があり、ホッとしました。(神奈川県 Fさん)

※この記事内のデータ、数値などに関しては2018年6月5日時点の情報です。

イラスト/しおたまこ ※イラストはイメージです

その他のカテゴリーを探す

初心者のための
空室対策ノウハウ事典

空室対策には、「物件力アップ」、「販促力アップ」、「顧客満足度アップ」の3本柱が必要です。それぞれについて、不動産オーナー初心者の方にもわかりやすくノウハウをまとめています。

ノウハウ事典トップへ

動画でわかる!賃貸経営

オーナーズ・スタイル主催セミナーやカンタンDIY講座、物件見学会レポート、など、記事では紹介しきれないノウハウや話題のテーマを動画でお届けまします。

動画一覧を見る