【大家さんのお悩みQ&A】高齢入居者に対する保険やサポートってどこまでしてくれる?

  • 管理/空室対策
  • 相続/節税/保険
  • 高齢者
  • 管理会社(入居者管理)
  • 小額短期保険・孤独死保険

大家さんのお悩みにオーナーズ・スタイル編集部がお応えするQ&Aシリーズ。今回は、高齢入居者の受け入れについてです。高齢入居者に対する保険やサポートサービスは、どこまで対応しているのか。その具体例をご紹介いたします。

Q、最近高齢者の申込みが増えるようになってきました。万が一の事故があったらと思うと心配です。一般的な「高齢入居者向けの保険」や「サポートサービス」とはどのくらい対応してもらえるものなのでしょうか?

A、24時間使用電力を監視する毎日のサポートサービスから、万が一孤独死が起きた場合の損失補償まで、各社さまざまなサポートプランを用意しています。安心して高齢者を受け入れられるように、事前準備をしっかり整えておきましょう。

高齢者に部屋を貸すことに抵抗感のあるオーナーはまだまだ多いです。しかし、少子高齢化が進む日本において、高齢者は大切な入居者ターゲットですよね。最近は、そんな日本の現状を踏まえて、各社さまざまな高齢入居者向けサービスを展開しています。

例えば、エース・リアルエステートが提供する見守りサービスでは、セキュリティ会社と提携して、入居者が体調の異変を感じた時にすぐ駆けつけることができたり、24時間体制で使用電力を監視し、異変があった場合には同時に3か所に連絡し、安全確認を行ったりしてくれます。

エルズサポート(株)では、仲介・管理会社と業務委託契約をし、入居者が年齢制限なく加入できる家賃債務保証を行っています。また、同社では保証会社とも契約し、孤独死が起きた場合の居室の原状回復費用や、旧賃料の50%分の家賃など、損失補償にも対応しています。

高齢入居者に対してネガティブなイメージがあるかもしれませんが、実は、高齢入居者だからこそのメリットもあります。長期間入居してもらえたり、マナーを守って生活してもらえたり、駐車場を利用するケースが少ないのも高齢入居者の特徴です。

高齢者が入居する際のリスクとメリットをしっかり理解して、安心して受け入れられる体制を整えていきましょう。

高齢入居者への保険・サポートについてのOSnetの記事

入居者の生活の異変をすぐに察知!高齢者見守りサービス

高齢入居者の受け入れで不安になるのが、体調の異変による宅内事故や死亡。そんな不安を解消するのが、高齢入居者向けの見守りサービスです。見守りサービスを展開する2社に、具体的なサービス内容をお伺いしました。

高齢入居者の家賃滞納リスクを減らす家賃債務保証!

高齢者の受け入れがためらわれる要因の一つが、収入不足や認知症による家賃の滞納、保証人の不在です。そこで年々ニーズが高まっているのが、家賃債務保証。安心確認サービスと連携した、高齢入居者向けの家賃サービスをご紹介します。

高齢入居者に安心して部屋を貸す方法は?

少子高齢化が進む中で、高齢者は貴重な入居者ターゲットです。高齢入居者は他の入居者層にはないメリットもあります。安心して高齢者を受け入れられるためのポイントをまとめてご紹介します。

高齢者向けサービスで、お互いが安心できる体制づくりを

いかがでしたか?見守りサービスや家賃保証サービスを利用することで、高齢入居者を安心して受け入れられる体制を整えることができます。高齢入居者のリスクとメリットを正しく理解して、お互いが安心できる体制づくりをしていきましょう。

スムスム君

記事をシェアしてみよう!