企業レポート
[提供:七福計画]

生命保険でリスクを回避し賃貸経営を永続させる方法

相続/節税/保険
  • 生命保険
公開日:2019年3月22日
更新日:2020年10月5日
生命保険でリスクを回避し賃貸経営を永続させる方法1

家賃収入が未来永劫だと思っているオーナーは少なくない。しかし、綿密な資金計画がないと、結局、物件を売却しても、老後資金にすら困るだろう。

オーナーズ・スタイルネットでは気軽に気になる企業の資料を取り寄せることができます

この記事を読んで興味があれば、ページ内にある【資料を請求する】、または【この企業・専門家に問い合わせる】をクリックして資料を取り寄せてみてください。

生命保険でリスクに備える。永続的な賃貸経営のために

ローン残高が減り、手残りする家賃が増えると、それで満足してしまうオーナーが少なくない。しかも、増えた現金は、生活レベルをあげる消費に回してしまい、賃貸経営のリスクに備える資金が不足してしまうケースが多いのだ。

本来、建物の減価償却が終わった頃に建て替えたり、買い替えたりして、賃貸経営は継続されるべきなのだが、綿密な資金計画を持たず、リスクに直面するたびに、資金を調達して問題を解決してしまうと、資産承継もできず、最後は物件や土地を売却して「手仕舞い」せざるを得なくなる。

「リスク対策が不十分で、物件の状態も悪く、買い手がなかなか見つからないうえに、思ったほど高値で売れなくて、老後資金に困っているオーナー様を何度も見てきました」と川西こうじ社長は語る。

家賃収入は永遠に続かない。だからこそ、将来を見据えて資金を準備し、発生したリスクに、きちんと対処することが大切になる。そのために役立つのが、効率良く資金を積み立てる生命保険。

例えば、終身保険を使うと、死亡保障が生涯付くうえに、10年以上経つと、多くの場合、解約返戻金は銀行預金よりも多くなる。

「イソップ童話のアリとキリギリスのように、将来に備えて着実に準備してきた人が豊かな老後生活をすごせるのです」(川西社長)

生命保険を利用したリスクヘッジと永続的な賃貸経営に興味がある人は、同社に問い合わせをしてみよう。

生命保険でリスクを回避し賃貸経営を永続させる方法2

七福計画 代表取締役社長 川西こうじさん

生命保険で備えられる賃貸経営のリスク

生命保険でリスクを回避し賃貸経営を永続させる方法2

9大リスクのうち6つをカバー!

生命保険でリスクを回避し賃貸経営を永続させる方法2

※図は一例。前提条件で保険の効果は異なります。詳細はお問い合わせ下さい。

※この記事内のデータ、数値などに関しては2019年3月6日時点の情報です。

取材・文/神部 旬

企業の資料を取り寄せることができます

生命保険を活用した対策を提案する七福計画について、さらに詳しく知るためには資料請求がおすすめ。【この企業・専門家に問い合わせる】ボタンをクリックするか、下記の【資料請求をする】をクリックすると簡単に資料請求ができます。

資料請求をするとこんな資料がもらえます

賃貸オーナーが利用すべき保険や制度をまとめた「税金から見る生命保険マニュアル」をお送りします。

生命保険でリスクを回避し賃貸経営を永続させる方法2

この記事をシェアする


0800-888-3736

お問い合わせの際は、オーナーズ・スタイル・ネットを見たとお伝えください。

商号 七福計画株式会社
受付 9:00~18:00
定休日 日曜
対応エリア 首都圏
ホームページ https://7fuku-keikaku.com/
所在地 東京都港区赤坂2-22-18 福吉町アネックスビル2階

この企業・専門家の企業レポート

関連する企業レポート

関連するセミナー・イベント

関連する記事