企業レポート
[提供:リノ・ハピア]

後悔しない大規模修繕は「経営事項審査」の活用から|リノ・ハピア

リフォーム/塗装
  • 大規模修繕(外壁・屋根)
公開日:2018年9月18日
更新日:2020年12月21日
後悔しない大規模修繕は「経営事項審査」の活用から|リノ・ハピア1

せっかく大規模修繕をしたのに、「すぐに塗装のはがれなどが発生した」と嘆くオーナーが少なくありません。どうすれば優良な施工会社を見つけられるのでしょうか。公共工事を数多く手がける大規模修繕の専門会社リノ・ハピア(株)の渡辺さんにお伺いしました。

オーナーズ ・スタイル ・ネットでは気軽に気になる企業の資料を取り寄せることができます

ページ内にある【資料を請求する】または【この企業・専門家に問い合わせる】をクリックして資料を取り寄せてみてください 。

団地の外壁改修を手がける実力

「まず候補の会社に公共工事の実績があるか質問してみましょう」と語るのは大規模修繕の専門会社リノ・ハピア(株)の渡辺さん。

公共工事はその特性上、高い施工品質が求められる。同社は大規模修繕で5万戸以上の実績を持ち、これまでに多くの公共工事を手がけてきた。

「公共工事では入札の際に、経営状況や技術的能力などを数値化して評価する『経営事項審査』が重要視され、施工会社の実力が問われます」(渡辺さん)

「経営事項審査」の結果は、企業力を見ることができる施工会社の通信簿といえるもの。一般財団法人建設業情報管理センターのサイトで公表されており、数社を見ることで実力を比較できる。同社の実績は上記のとおりで、高い評価を得ていることがわかる。

施工会社を見極めるための有効な質問は他にもある。

「施工中の現場を見学できるか?施工の品質管理に、どう取り組んでいるか?修繕履歴はどのように残してもらえるか?など、明確に答えられる企業を選ぶべきです」(渡辺さん)

同社は施工品質に自信を持っており、社内の専門部署がISOの品質確認リストに基づいた8項目63点に及ぶ自主検査を実施。施工完了後は修繕箇所や検査状況を写真と文書で詳細に記録し、施工履歴図書としてオーナーへ提出する。また、アフターメンテナンスや保証にも力を入れており、安心だ。

後悔しない大規模修繕は「経営事項審査」の活用から|リノ・ハピア2

施工例

団地の大規模修繕を受注し、複雑な外壁デザインにも的確に対応した。

Before
後悔しない大規模修繕は「経営事項審査」の活用から|リノ・ハピア2
After
後悔しない大規模修繕は「経営事項審査」の活用から|リノ・ハピア2

※この記事内のデータ、数値などに関する情報は2018年9月5日時点のものです。

取材・文/本多 智裕

さらに詳しくリノ・ハピアについて知るなら

リノ・ハピアが提案するサービスについて、さらに詳しく知るためには資料請求がおすすめ。【この企業・専門家に問い合わせる】ボタンをクリックするか、下記の【資料請求をする】をクリックすると簡単に資料請求ができます。

この記事をシェアする


0120-270-451

お問い合わせの際は、オーナーズ・スタイル・ネットを見たとお伝えください。

商号 リノ・ハピア株式会社
受付 8:00~17:00
定休日 土曜・日曜・祝日
対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉
ホームページ http://reno-happia.co.jp/
所在地 東京都大田区北千束3-1-3

この企業・専門家の企業レポート

関連する企業レポート

関連するセミナー・イベント

関連する記事