企業レポート
[提供:フジ相続税理士法人/フジ総合鑑定]

無料の相続税シミュレーションにご注意!土地評価額に1億円の差が

相続/節税/保険
  • 税理士
公開日:2019年6月4日
更新日:2019年10月5日
無料の相続税シミュレーションにご注意!土地評価額に1億円の差が1

相続税は、土地の評価額しだいで数百万円から数千万円もの差が出てしまうこともあります。将来かかる相続税を試算した際に、評価額に大きな差が生じた事例を解説します。

無料の相続税試算に要注意!?

今回は相続対策の事例を紹介します。近年、銀行や不動産会社、保険会社など、さまざまな企業が相続を意識した商品を打ち出すようになりました。オーナーズ・スタイルの読者の皆さんも、そういった提案を受けることが多いのではないでしょうか。

どんな対策が必要なのかを検証するために、現状の財産内容から相続税の試算を無料で行ってくれることもあるようです。確かに相続税の試算は必要です。ただ、無料の試算は簡易的であることが多く、詳しく調べると計算結果に大きな差が生じる例もあります。

神奈川県の勝山様(仮名)から「財産に不動産が多く、相続対策として何を実行すべきかアドバイスがほしい」とご相談いただいたときのことです。勝山様がお持ちの資料の中に、某金融機関による報告書がありました。それは勝山様の所有財産の一覧や想定される相続税の試算結果、相続対策の提案などがまとめられたもので、取引のある金融機関から半年ほど前に提供を受けたものでした。

土地の評価額に1億円以上の差が

財産一覧には預貯金や株式、不動産などがリストアップされ、不動産にはそれぞれ所在地や面積、相続税評価額などが併記されています。それを参考に、まず不動産の所在を地図に落とし込み、それぞれの立地や規模を把握することにしました。

不動産一覧の中に、面積が約1800平米の山林(以下、A土地)がありました。記載されている評価額は約1億800万円と高額です。路線価図を見てみると、A土地は路線価6万円/平米の道路に面しており、これに面積をかけて算定したものと推察できました。

ところが、A土地が位置しているのは「倍率地域」でした。

相続税で土地の評価額を求めるとき、市街地にある土地は一般的に、国税庁が定める相続税路線価を用いた「路線価方式」により評価します。一方、路線価が定められていない地域(倍率地域)にある土地は「倍率方式」により評価します。倍率方式では、固定資産税評価額に一定の評価倍率をかけたものが相続税評価額となります。

A土地は、図のように路線価のついた道路に面してはいるものの、倍率地域に位置しています。このような場合は路線価方式ではなく倍率方式で評価します。

金融機関はA土地が倍率地域にあるにも関わらず、路線価を適用して評価しています。このような誤りは実際の相続税申告で目にすることもあり、よくあるミスといえますが、評価額への影響は小さくありません。

倍率地域内の山林は原則として宅地化が見込めないため、大幅に低い評価額になるのが一般的です。A土地は宅地化が制限される市街化調整区域(建物の建築などを制限し、市街化を抑制するよう都市計画で定められる地域)にあり、固定資産税評価額は約3万9000円、評価倍率は23でした。したがって、相続税評価額は約90万円です。

最初に試算されていた評価額1億800万円とは1億円以上もの差が生じました。この最初の評価額をもとに計算された相続税額はあまり参考にはなりません。私たちは、改めて正確な相続税額を計算し直すことをお勧めし、それに基づいて相続対策のコンサルティングをさせていただくことにしました。

相続対策はスタートが肝心

予想相続税額が大幅に異なれば、当然、行うべき相続対策も変わってきます。簡易的な概算では本当に必要な対策を見誤るかもしれません。特に不動産は評価額の大きい財産ですので、土地をお持ちの方は、その評価額をできるだけ正確に把握すべきです。

無料の相続税試算では現地調査や役所調査をしないのが一般的です。土地の個別性を考慮せず評価額を求めていることも多いため、その精度に注意が必要です。

無料の相続税シミュレーションにご注意!土地評価額に1億円の差が2

不動産鑑定士 藤宮 浩

埼玉県出身。平成16年不動産鑑定士登録。平成24年CFP登録。フジ総合グループ代表。

無料の相続税シミュレーションにご注意!土地評価額に1億円の差が2

税理士 髙原 誠

東京都出身。平成17年税理士登録。フジ相続税理士法人の代表税理士。

※この記事内のデータ、数値などに関しては2019年6月4日時点の情報です。

資料請求をするとこんな資料がもらえます

生前対策から相続税申告・相続税還付まで。詳しいパンフレットをお送りします。

無料の相続税シミュレーションにご注意!土地評価額に1億円の差が2

この記事をシェアする


フジ相続税理士法人/フジ総合鑑定

0120-95-4834

お問い合わせの際は、オーナーズ・スタイル・ネットを見たとお伝えください。

商号 フジ相続税理士法人/株式会社フジ総合鑑定
受付 9:00~18:00
定休日 土曜・日曜・祝日
対応エリア 全国
ホームページ https://fuji-sogo.com/
所在地 東京都新宿新宿2-1-9 ステラ新宿2階・9階(総合案内)
この企業・専門家の企業レポート
相続税評価額が時価の3倍!?ワケあり底地の落とし穴|フジ相続税理士法人/フジ総合鑑定の[差が付く!土地持ち相続]

相続税評価額が時価の3倍!?ワケあり底地の落とし穴|フジ相続税理士法人/フジ総合鑑定の[差が付く!土地持ち相続]

3年前に連棟長屋の建つ底地を相続したSさん。後に売却したところ、その売却額は相続税評価額1670万円を大きく下回る、600万円となってしまいました。なぜ3倍近くも金額に開きがあったのでしょうか? その原因は、「相続する土地の評価方法」にあったのです。今回は、実際の売却額を適正な時価として相続税還付に成功した事例を解説します。

面積の大きい土地の相続対策は一体 OR 分割どちらを選ぶ?|フジ相続税理士法人/フジ総合鑑定の[差が付く!土地持ち相続]

面積の大きい土地の相続対策は一体 OR 分割どちらを選ぶ?|フジ相続税理士法人/フジ総合鑑定の[差が付く!土地持ち相続]

面積の大きい土地の相続税対策には、さまざまな検討が必要です。今回は、複数のプランを検討して納得のいく土地活用ができた相続対策事例を解説します。広い敷地を一体利用して大規模マンションを建てるのか、土地を分割利用してアパートと駐車場を併用するのか、双方のメリットとデメリットを比較検討して決断することが大切です。

相続税を払い過ぎ!?土地の容積率を調べて適正申告 フジ相続税理士法人/フジ総合鑑定

相続税を払い過ぎ!?土地の容積率を調べて適正申告 フジ相続税理士法人/フジ総合鑑定

相続専門税理士と不動産鑑定士の観点から、適正な土地評価による相続税の節税を図るのが、フジ相続税理士法人 (株)フジ総合鑑定です。容積率の異なった地域にまたがっている土地の場合、それぞれで土地の評価額が変わるため、適正に申告をしないと、相続税を余計に払ってしまうことになります。事例を基に解説いたします。

関連する企業レポート
未曾有のコロナ禍で考える相続対策 〝まさか〞不測の事態を乗り越える『体力』と『備え』を!|青山財産ネットワークス

未曾有のコロナ禍で考える相続対策 〝まさか〞不測の事態を乗り越える『体力』と『備え』を!|青山財産ネットワークス

新型コロナウイルスのパンデミック、そして深刻な経済危機・・・。この数カ月間で世界は一変しました。どんな事態にも、世代を超えて財産を守るためには何が必要なのでしょうか。経済誌などでも活躍中の、相続不動産コンサルティングの第一人者・高田吉孝氏に、緊急インタビューを試みました。

[知らないと損をする!相続税還付の成功事例]固定資産税評価額の落とし穴|フジ相続税理士法人/フジ総合鑑定

[知らないと損をする!相続税還付の成功事例]固定資産税評価額の落とし穴|フジ相続税理士法人/フジ総合鑑定

払い過ぎた相続税は5年10か月以内であれば還付を受けられることをご存じですか?今回ご紹介するのは使用貸借の土地の減額事例です。無料で貸借している土地は原則、その使用借権を控除できません。しかしながら、ある減額要因に気づき、40%減の適用に成功しました!この成功事例を、相続税還付の専門家である不動産鑑定士の住江さん、税理士の糟谷さんに解説していただきました。

関連するセミナー
2020年0820日(木) ※8月20日(木)より期間限定配信 
オーナーズ・スタイル主催
期間限定配信!WEBセミナー「相続・管理・投資」を実例で解説!
資産活用/売買
セミナー
公開日:2020年7月2日

期間限定配信!WEBセミナー「相続・管理・投資」を実例で解説!

不動産経営管理士(CPM®)の資格を持つプロたちが、コロナの影響が渦巻く不安な今を生き抜くための「相続」「管理」「投資」のテクニック・知恵を伝授!自宅でも視聴可能なWEB配信でお届けします。期間限定なのでお申し込みはお早めに!

無料 ※動画視聴にかかる通信費はご負担ください。
主催:株式会社オーナーズ・スタイル
2020年0718日(土) 14:00~16:00 ※開場/受付13:30より
個人と法人どっちが得?不動産オーナーのための法人化メリット・デメリット徹底解説セミナー
相続/節税/保険
セミナー
公開日:2020年5月26日

個人と法人どっちが得?不動産オーナーのための法人化メリット・デメリット徹底解説セミナー

賃貸経営による不動産所得が900 万円を超えるオーナーは、法人化した方が節税になると言われています。ただし鵜呑みは危険!そこで今回は正しい法人化のタイミングやメリット、デメリットについて解説いたします!

無料
主催:大成株式会社
関連する記事
『賃貸経営+相続対策大家さんフェスタ in梅田』終了後にオンラインで無料相談の予約ができる企業一覧

『賃貸経営+相続対策大家さんフェスタ in梅田』終了後にオンラインで無料相談の予約ができる企業一覧

8月29日(土)に開催するオーナーズ・スタイル主催『賃貸経営+相続対策 大家さんフェスタ in梅田』では、イベント終了後出展企業にオンラインで無料相談の予約ができるサービスをご用意いたしました。賃貸経営のお悩みを相談したくてもできなかった大家さんはぜひご利用ください。

相続対策の基礎知識(1)|分割・納税資金・節税対策の基本を解説【不動産オーナー向け】

相続対策の基礎知識(1)|分割・納税資金・節税対策の基本を解説【不動産オーナー向け】

相続対策を怠ると、大切な財産は守れない。特に、アパート・マンションを経営する不動産オーナーは分割・納税資金・節税対策をバランス良く行う必要があります。親から子へスムーズにバトンを渡すために、今、一緒に考えておきたい、相続対策の基本と最新事情をお伝えします。

相続対策の基礎知識(2)~分割対策編~|最も優先するべき対策【不動産オーナー向け】

相続対策の基礎知識(2)~分割対策編~|最も優先するべき対策【不動産オーナー向け】

相続対策を怠ると、大切な財産は守れない。特に、アパート・マンションを経営する不動産オーナーは分割・納税資金・節税対策をバランス良く行う必要があります。親から子へスムーズにバトンを渡すために、今、一緒に考えておきたい、相続対策の基本と最新事情をお伝えします。

相続対策の基礎知識(3)~納税資金対策編~|現金一括納付が基本【不動産オーナー向け】

相続対策の基礎知識(3)~納税資金対策編~|現金一括納付が基本【不動産オーナー向け】

相続対策を怠ると、大切な財産は守れない。特に、アパート・マンションを経営する不動産オーナーは分割・納税資金・節税対策をバランス良く行う必要があります。親から子へスムーズにバトンを渡すために、今、一緒に考えておきたい、相続対策の基本と最新事情をお伝えします。

この企業・専門家の企業レポート

関連する企業レポート

関連するセミナー・イベント

関連する記事