【大家さんのお悩みQ&A】入居者に喜んでもらい、退去予防にもなる方法とは?

  • 管理/空室対策

大家さんのお悩みにオーナーズ・スタイル編集部がお答えするQ&Aシリーズ。今回は、入居者といい関係を築くことでトラブルを減らして、退去予防にもなる方法についてお答えしました。ほかの大家さんたちはどんな努力をしているのでしょうか?実際に効果を上げている入居者サービスの一例をご紹介します。

Q、退去予防に設備面の充実をはかってきましたが、空室化が進み不安を感じています。質のいい入居者に長く住み続けてもらうには、どんな対策を取ればいいのでしょうか?

A、一番大切なのは、ちょっとしたアイデアと心遣いで入居者との関係をよくすること。顔の見える付き合いで、クレームやトラブルも減り、お互いに満足度の高い賃貸物件に生まれ変わります。

質のいい入居者に長く住み続けてもらうことは、賃貸経営をしていくうえで大きな安心ポイントであり、課題でもあります。

転勤や結婚など避けられない理由もありますが、「なんとなく」転居を考える入居者も多いものです。「ここに長く住み続けたい」と思ってもらえる物件とはどのようなものでしょうか?今の物件に足りないものはなにか、考えてみましょう。

コストを掛けて設備を充実させるだけが正解ではありません。あいさつや、共用部の手入れ、スペースや道具の貸し出しなど、コストを掛けずに入居者の満足度を高めるアイデアはたくさんあります。

記念日や、更新のタイミングで、ちょっとしたプレゼントをするのもいいでしょう。

活発なコミュニティのある物件は、入居者の満足度だけでなく、セキュリティ面でも安心感が高まり、安易な退去を防止する効果も高いと言われています。入居者同士の交流を促すのもおすすめですよ。

退去予防・入居者サービスについてのOSnetの記事

実際にやって効果があった、お金をかけない入居者サービス

退去を予防し、入居者にできるだけ長く物件に住み続けてもらうこと。多くのオーナーが知恵と工夫のソフトパワーでこの課題に挑んでいます。コストがかかったり、収入の減少を伴う対策以外の方法をご紹介します。

退去予防のため、入居者に何かをプレゼントするのは効果的?

退去予防のために、オーナーはどのようなサービスを行えばよいのでしょうか?プレゼントや設備の予告導入など、実際にやって効果があった、少しのコストと手間でできる入居者サービスの例をご紹介します。

入居者と仲良くなり、物件内にコミュニティを作る方法は?

空室対策の一つとして、入居者同士、入居者とオーナーの良好なコミュニティをつくることが挙げられます。物件に緩やかなコミュニティをつくり出すには、入居者同士が仲良くなるきっかけをたくさん作りだすことが必要です。どんな具体例があるのか見ていきましょう。

大家と入居者という関係に甘えず、人としての関係を築くことが重要

いかがでしたか?小さなアイデアと工夫で入居者との信頼関係をつくりあげることが、退去予防に効果的だとお分かり頂けたでしょうか。入居者の素顔を知ることは、大家さんにとっても安心材料となります。まずは、あいさつから退去予防を始めてみましょう。

スムスム君

記事をシェアしてみよう!