【大家さんのお悩みQ&A】長期の安定経営に必要な「差別化」の見極めとポイントについて

  • 管理、空室対策

大家さんのお悩みにオーナーズ・スタイル編集部がお答えするQ&Aシリーズ。今回はターゲットを絞った物件の差別化に関する質問にお答えしました。長期的に安定した賃貸経営をしていくために必要な、ターゲットの見極めと「差別化」の大きなポイントを、実例を交えてご紹介します。

Q、これから新築やリノベーションをするなら「差別化」が必要と聞きましたが、具体的なイメージが湧きません。どんな需要と成功例があるのでしょうか?

A、コンセプト重視の新築から、築古ならではの差別化まで、安定経営に成功したさまざまな導入例があります。まずは徹底的な市場調査で入居者ニーズを洗い出しましょう。

相続対策や、節税対策で賃貸住宅の建築を考える方は多いでしょう。お手頃な築古物件を手に入れてリノベーションを考える方も増えてきています。ところが、空室率が増加しているというニュースに不安を覚えて一歩踏み出せないことも。

そこでよく耳にするのが「差別化」というキーワードです!

空室が出るのは、間取り・設備・賃料がニーズに合っていない証拠です。徹底的な市場調査をおこない、大きな特長を作り、競合物件との差別化を図ることで、長期的な安定経営に繋がります。

差別化が得意な建築業者にお願いするのも得策です。コンセプトがぶれることなく、満室経営の実績が数多くあるところを選ぶといいでしょう。

築古物件のリノベーションの場合、高額なリノベーション費用を想像するかもしれませんが、コストと手間を掛けずに差別化できる方法もあります。

イメージを具体化するために、差別化に成功した物件を見学するのもおすすめですよ。

物件の「差別化」についてのOSnetの記事

市場調査と差別化コンセプトで入居者に選ばれる賃貸経営

賃貸経営を長く安定的に続けるには、そのエリアの賃貸ニーズを正確に把握した上でプランを作ることが大切。周辺エリアの市場動向や需要の高い物件の特徴をつかみ、どこにターゲットを定めるかを想定する必要があります。

どんな方法で調査するのか、差別化にはどんな種類があるのかを見ていきましょう。

建物も建築後のソフト面でも圧倒的な差別化で満室経営!

ヨーロッパの伝統的なスタイルを採用した優美な外観と、天井高3.6メートルの開放的な室内空間、広々としたロフトや自然素材の採用で圧倒的な差別化をかなえている女性専用アパート「プリマ」。

その徹底したコンセプトで、入居者だけでなくオーナー満足度も高める事例をお伝えします。

入居者負担でリノベできるDIY賃貸の仕組みとは?

「築古で空室が増えているがリフォームの余裕がない」と悩む大家さん。手間も費用もかけずに部屋をキレイにできる、入居者が自己負担で行うDIY賃貸をご存知でしょうか。ニーズが高いにも関わらず、まだまだ供給が追い付いてないDIY賃貸。その仕組みと注意点をご紹介します。

「差別化」で大家さんも入居者も満足度の高い賃貸経営

いかがでしたか?物件コンセプトを固めることで、今後の空室率増加に怯えることなく、競合に大きな差をつけることが可能になります。「差別化」で、長く安定した経営を目指していきましょう!

スムスム君

記事をシェアしてみよう!

その他のカテゴリーを探す

初心者のための
空室対策ノウハウ事典

空室対策には、「物件力アップ」、「販促力アップ」、「顧客満足度アップ」の3本柱が必要です。それぞれについて、不動産オーナー初心者の方にもわかりやすくノウハウをまとめています。

ノウハウ事典トップへ

動画でわかる!賃貸経営

オーナーズ・スタイル主催セミナーやカンタンDIY講座、物件見学会レポート、など、記事では紹介しきれないノウハウや話題のテーマを動画でお届けまします。

動画一覧を見る